りここと日記

楽しかったこと、美味しかったこと、試したことなど書いてます。

北海道マラソン完走と感想!

こんにちは。riekoです。

訪問ありがとうございます。

8月26日、北海道札幌市で行われた北海道マラソンに出走しました。

今年で32回目を迎える北海道マラソンは、大通公園発着の都市型コースです。国内では、夏に行われる唯一のフルマラソンだそうです。今年は、猛暑と台風とで無事に出走できるか心配でしたが、無事に走ることができました。幸せ❤️

前日受付

前日受付は、大通公園西7丁目で行われました。

札幌駅から向かったのですが、あまり案内看板や誘導スタッフがおらず、ランナーらしき人の流れに身を任せて進んで無事に受付会場に到着しました。

 

 

受付は5分程度で終了し、出展ブースを物色します。

出店ブースでは、サプリをもらえたり、目標タイムを前に記念撮影などなど楽しみます。

f:id:riekosannoblog:20180904182529j:plain

 頂いたサプリは、カネカユアヘルスのアスリート向けコエンザイムQ10還元型です。

1粒に100mgのコエンザイムQ10は入っているらしく、前日の夕ご飯後に3粒と、当日の朝ご飯後に3粒飲むように案内されました。

詳しくは公式HP見てみてください。

ATHLETEQ10MAX - カネカユアヘルスケアのアスリート向けコエンザイムQ10

 

フルマラソンや、トレイルランニングのイベントでは、サプリや行動食などの情報がたくさんあるので、情報収集にいつも物色して楽しんでます。

 今回見つけたのはこちら。MAURTEN モルテンドリンクミックスです。

f:id:riekosannoblog:20180905102143j:plain

通常、飲み物に含まれる炭水化物濃度が上昇すると、胃内容排出速度が減速し、腸による水分や炭水化物の体内への吸収量が低下します。炭水化物濃度の上昇によって引き起こされるこの胃の症状は、多くのアスリートにとって大きな問題でした。私たちは、ハイドロゲル技術を使用してこれらの問題を回避する方法を発見しました。この技術により、高い炭水化物濃度のスポーツエネルギー製品を開発することに成功しました。モルテンは世界で最も優れたランナー達が、トレーニングやレース中に使用しています。引用元:https://maurten.jp/question/

販売のお兄さんが、枯れきった声で一生懸命説明してくれました。

主人が10月に出走するハセツネでいいかも!!とお高めではありますが、お試し購入してみました。

モルテンドリンクミックス320:1000円(税別)

モルテンドリンクミックス160: 700円(税別)

高いなぁ‥笑

スタート

当日、天気は晴れ!思ったほど暑くはなくマラソン日和でした。

ランナーのほとんどが、半袖、ノースリーブのウエアでした。

私は、荷物軽減のため前日受付でもらえる参加Tシャツ(半袖)で走りました。

f:id:riekosannoblog:20180905104120j:plain

私のベストタイムは、4時間31分、北海道マラソンに制限時間が5時間、まったく余力なしです笑。完走を目標に走ります。

旦那さんは、目指せサブ3だったのですが、足首の調子が良くなかったので、私と一緒に走ることになりました。

スタートはEブロック、スタート通過できたのは7分16秒後でした。

混雑はしてますが、スタート直後からマイペースに走れました。

迷子

ドリンクは、旦那が、給水場に取りに行き走り続ける私に持ってきてくれるというスタイルをとっていたのですが、ドリンクを取りに行った切り見失ってしまいました。💦 迷子です。人が多くて一度見失うとわからないものです😭

しばらく、待ってみましたが制限時間ギリギリのペースなのでゆっくりもできず走り始めることにしました。

しょんぼりです。

再会

一方、旦那さんは迷子の私を、応援ナビで捜索しながら走っていたそうです。

ちなみに、私は携帯は持って走っていないので調べることもできませんでしたし、そんな余裕もない笑

捜索のおかげで、15キロを超えたところで無事に再会しました。一人で5キロ程度走りました。

サポート

私は、いつも20キロ前後で、調子が良くなりペースが上げてしまい、30キロ超えて燃え尽きるのダメダメパターンを繰り返してきました。

今回はペースが上がるたびに「セーブ」と旦那さんに注意してもらい、ペースをコントロールすることができました。自分が意識するよりずっとペースが乱れているのがわかりました。「セーブ」と言われると散歩中に「待て!」をされているポチ(犬)になった気分でした。

また、風の向きによって集団の中で位置を変えたり、旦那さんの左右どちら側の後ろを、走るか手で指示してもらい、風の抵抗を最小限に走ることができました。

肩が固まらないように、定期的に肩を回し、肩甲骨を動かすように、意識すること、持参した補給食をとるタイミングも教えてくれ、正直とても勉強になりました。

更に、坂道は、「前に倒れるように、小さく刻む、顔は下向き」とアドバイス。その通りに走るとかなり楽!!!

旦那さんではなくトレーナーと走っている気分でした笑

今までのフルマラソンの中で一番安定した走りができました。

 

f:id:riekosannoblog:20180905151648j:plain

そんなこんなで無事に完走できました。

大会の感想

北海道マラソンの会場が、札幌駅から近いこともあって、アクセスが良かったです。ただ、人が多い〜!!

スタート前のトイレは長蛇の列、整列時間に間に合わないランナーもたくさんいました。私は、1万人規模の大会しか出たことなかったので、人の多さに驚きました。

コースは比較的フラットで走りやすかったです。ただ、北海道の道路は穴?やカーブ、ヒビが多いように感じました。そんな大きな穴あって日常は大丈夫なのかな‥と心配になるくらい。

給水や今何キロといった標識は、少ないなと感じました。

出走者が多いせいか、制限時間ギリギリ組は給食がなくなっていることが多々ありました。今まで出たフルマラソン(福岡、熊本、佐賀、鹿児島、宮崎、下関、館山)では、ゴール後に豚汁などの汁物がふるまわれたり、出店があったりと、のんびり余韻に浸ることができましたが、北海道マラソンでは、ゴール後の食べ物はなく、出店等も見当たりませんでした。ゴールした時間が遅かったので、終了していたのかもしれませんが 、少し寂しかったです。

お腹が減っていたので、ささっと身支度して会場をあとにしました。

近くのラーメン屋さんで腹ごしらえ。ランナークーポンがあったのでお店にはランナーの方が多くいました。

 

f:id:riekosannoblog:20180905155210j:plain

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

北海道マラソン、観光も兼ねて参加いかがでしょうか。