りここと日記

楽しかったこと、美味しかったこと、試したことなど書いてます。

丹沢,大山フリーパスで行く。大山登山&絵灯篭祭りを満喫の日帰り旅②

こんにちは。riekoです。

大山登山&絵灯篭祭り、夜景を堪能してきました。

前回の記事はこちらです。丹沢、大山フリーパスについて、阿夫利神社までの道のりを書いてます。

riekosan.hatenablog.com

大山阿夫利神社

f:id:riekosannoblog:20180817185640j:plain

阿夫利神社は江戸時代より庶民から雨を降らせると信仰を集めていたそうです。

大山は別名、「あふり山、雨降り山」と言われているそうです。

大山ケーブル阿夫利神社下社まで行き、大山山頂に阿夫利神社本社があります。

f:id:riekosannoblog:20180817190257j:plain

昔ながら山茶屋とお洒落なカフェがありました。(写真はカフェのみ)

山で見る、お洒落なカフェに多少の違和感を感じながら、隣りのお団子屋さんで団子をいただきました。よもぎ団子と芋団子です。各300円

f:id:riekosannoblog:20180817190047j:plain

大山登山開始

大山山頂へ通じる登拝門は今は年間通じて開けられていますが、江戸時代は夏山期間中のみ山頂にある阿夫利神社本社への登拝が許されていたそうです。

f:id:riekosannoblog:20180817191121j:plain

 一礼して気合い入れて登山開始です。

f:id:riekosannoblog:20180817191132j:plain

開始と同時にこの階段💦急な上に所々感覚が狭く不安定な段もあり気が抜けません。

f:id:riekosannoblog:20180817212617j:plain

 大山は結構石が多い山でした。石が多いので沢山ケルン(積み石)がありました。

ケルンとは本来、道しるべなんですが、ここでは、沢山ありすぎて目印にはなっていなかったです笑。皆さん上手に積み上げていますよね。凄いなぁ〜。

f:id:riekosannoblog:20180817212906j:plain

夫婦杉です。

幹が2つに分かれた後にさらに、3つに分かれているのは3つまたなの?浮気??

いやいや子供でしょ?なんて罰当たりな会話をしながら進みました。

f:id:riekosannoblog:20180817213757j:plain

天狗の鼻突き岩!!!天狗の鼻は突くためのものだったのか!!!衝撃を受けました。拳ぐらいの大きさなら、拳で突いたと考える方が自然じゃないのか?しばし疑問い思いながら山を進みます。

f:id:riekosannoblog:20180817214517j:plain

邪な?罰当たりな?めんどくさい思いを巡らせたせいか、どんどんガスってしまいました。雨もパラパラと降ってきて、これぞ雨降り山!!喜んでいいのか、下山した方がいいのか判断に迷いました。…っが他の登山人も進んでいたのでとりあえず頂上を目指しました。

f:id:riekosannoblog:20180817215146j:plain

頂上についた時には、土砂降り😭我らはビショビショ。

皆さんレインジャケットに傘にしっかり雨具をお持ちでした。

ケーブルカーがあるところだし大丈夫だろうと甘く見ていました。

しばらく経つと雨も止み晴れてきました。山の天気は本当に変わりやすいんですね💦

阿夫利神社下社から本社まで目安所要時間は90分でしたが、約60分で到着しました。

 

私は、下りが死ぬほど嫌い(滑るのが怖い)なので、下りも登り同様60分かかりました😭

 

終始曇り&雨が多く景色はあまり堪能できませんでしたが、晴れていたらかなり綺麗なんだろうな。

 

大山のハイキングコースは、お手軽ハイクから本格的なコースまであります。

宿坊もあるので今度はもう少しハードな登山もいいかな!

 

次回は、2018光の競演、夜景についてです。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。